ふぉれはだいありー

崇拝のために

予備校は対立の場

こんばんは。最近書く内容を捻り出すためにウンウンと唸っていて更新が遅いふぉれはです。

 

今日は直帰をやめて予備校の開放自習室なるところで勉強してきました。開放自習室の良いところは一日で見つけることはできなかったのですが、取り敢えず個室と違って周りの人がすぐに見えるから何か見られているって感じがしていていいかもしれません。衆人環視を受けている感じがします。あとは、個別自習室と違って臭いが篭っていないところがプラスですね。個別自習室は部屋が汗をかいているんじゃないかって臭いがするんです。カビとか生えてそう。

 

さて、今日は一応書くネタがあったのでそれについて言及することにします。それは今日の昼頃の出来事でした。四限目の英語の講師がused to構文について「usedは助動詞だ!」とおっしゃっていて、現に納得のいく説明をしてくださったので、僕の中にその認識が植わりました。ところが、昼休み明けて次の五限にて、今度は別の講師が「usedを助動詞って言うなんて何もわかってない」とおっしゃっていて、同様に納得のいく説明を添加してくださったのです。僕の頭の中では???で一杯でした…と書きたいところですが、実はそうではなく、「これは日記のネタになるぞ…!」とほくそ笑んでいました。

 

これ以外にも五限の講師は他の講師を間接的にdisっていることが多々ありますし、この講師以外にも教科内で対立が発生しているんですね。まあ母校でも教師間の仲は色々でしたから、特に予備校講師に限った話とかではないのですが、僕はいつも「他の講師をdisって何を得るんだろう」と思っています。先述の助動詞についても言えることですが、講師によって考え方が違うわけですから教え方も変わるし解き方だとか捉え方も人それぞれだと思うので、自分の考えを伝えるのはとても大事だけれどもわざわざdisる必要も無いんじゃないかなあ、と思います。マイルドに「こういう考え方の方がすんなりと理解できやすい」みたいなことを言えばいいのに。

 

まあ正直言って他の予備校disってるのは聞いているだけで他の予備校生より優位に立ってる気がして楽しいです。何に楽しさを見出しているんだろう僕、本気で悲しくなってきた。

 

明日から今日くらい真面目に勉強していきたいと思います。それではぽやしみ😴