ふぉれはだいありー

崇拝のために

自己満足で他人を不快にさせてはいけない

こんばんは。

 

今日はすこぶる体調が悪かったですね。ちゃんと睡眠とったはずなのにだるくて仕方なくて、1,2限の授業を寝てしまいました。その後5,6限を受けずに帰宅して病院に行きました。なんでも普通に風邪っぽいです、みなさんも夏風邪には気をつけましょう。

 

そういえば昨日日記に書きませんでしたがアニサマの抽選が全て外れて不参加となりました。つらい。まあ代わりに富士山に行くことになったからいいかなあ。

 

さて、最近僕がイベントに興味を持ち始めたのと同時にそこはかとなく苛つきを感じ始めたものがあります。それは俗にいう「オタ芸」です。理由は、僕はおたくが自己顕示する様がとても嫌いというところにあると思います。例えば僕がCDとかを買ってるくらい好きな声優アーティストさんのライブに行ったとして、そこで前列でおたくが必死に踊っているとします。普通の神経を持ってたらそれを見た瞬間不快になりますよね。別に僕はお前らみたいな活発なおたくを見に来たわけじゃ無いんだ、声優さんを見に来たんだと感じてしまいます。もちろん、ライブの曲とかでノリノリでサイリウムを振るだとか合いの手を入れるとかなら普通にわかるんですが、おたくどもが体をブンブン動かしながら何やら決まり文句を叫んでいるのは端的に言って地獄絵図ですよね。ようは過度な応援(応援というか僕から見たら応援したつもりになっている精神異常行為なのですが)は本当にやめていただきたい。こんな日記に発信力は無いので止むことはおそらく無いでしょうが。

 

ちなみに言うとその「オタ芸」という行為が持っている僅かばかりの格好良さには好印象を持っています。別にオタ芸がメインの出し物とかなら何も文句を言うわけではありません(例えば、僕の同級生が文化祭で暗所で披露していたオタ芸はペンライトの光がよく動いていてキまっていて普通に格好良かった)。要はイベントのおたくはメインどころかサブキャラですらないという自覚を持って欲しいということですね。

 

それではぽやしみ😴