ふぉれはだいありー

毎日の思索を綴った日記です。

まるで小動物、よりまるで昆虫の方が良い

こんばんは。

 

本日は12時に起きて、家でダラダラと過ごしていました。夏休みって感じだ。

 

最近家の周りから蝉の鳴き声が全く聞こえなくなりました。周りに木がないから当然と言えば当然ですが、何か夏としてのアイデンティティを環境が失ったように思えて寂しいです。昔住んでいたところでは木が生い茂っていたために蝉に幾度か小便を掛けられて腹を立てていたものですが、今はそんなことを危惧する必要も無いと思うとちょっとだけ残念。

 

また、多分今の僕は蝉をむんずと手で掴むことができなくなってそうです。昔は多少力加減して蝉を捕まえていたものですが、今は本当にできなさそう。別に昆虫に対して苦手意識ができたわけでは無いのですが、やはり成長して力と知識をつけたわけで、蝉を誤って強い力で掴んでしまって潰してしまうのではないかという不安に襲われてしまうのです。

 

これが特に顕著なのがイモムシ類ですね。これらはそもそも触る程度しかできなかったのですが、今は触っただけで潰してしまいそうな、いやそんな念力みたいなものは持っていませんが、そんな予感がしてしまいまともに近づけないです。ただ、多分今でもカブトムシやクワガタムシは絶対触れる気がします。そういう不安以前にかっこいいので捕まえることができそう。

 

まあ、取り敢えず日曜日からは外に出て蝉の声でも聞こうかと思います。それではぽやしみ😴