大学生活の振り返り(1~2年次)

久々にはてなブログを閲覧したら、スターを文章単位で付けられないアップデートが入っていたことに驚いた。それはさておき、今年の3月をもって大学を卒業したので、記憶が色褪せないうちに(忘れる能力には長けているので!)、長編にならない程度に振り返ろうと思う。

続きを読む

2020.10

日記を紙で付け始めてから4ヶ月ほど経過したので一度読み返してみたのですが、今の自分とは志もやる気も乖離しており自身の連続性を疑っています。半年足らずでこのような感覚に陥るのですから、数年前の日記が別人の仕業のように思えるのは火を見るよりも明らかで、浪人期に毎日ブログを更新していた頃の記事を読むたびに痛ましさを感じます。いつか良い思い出になることを願って消すことはしないのですが。

続きを読む

2020.4

 

近況

・2月末に札幌観光に、3月の中旬に京都旅行に行きました。本来なら行程や感想を述べるのですが、このご時世なので*1、観光客がほとんどいない京都はめちゃくちゃ快適だったとだけ述べて他は割愛します。

・大学ではオンライン授業が4月中旬から始まったのですが、想定していた授業形態とは大分違って困惑の色を隠せていません。最初のアナウンスでは映像授業が中心とのことだったのですが、教授陣の準備が間に合わなかったのか、春学期の授業の大半は中止となり、結果的に今履修している科目が材料力学と流体力学だけとなってしまいました。その上前者は該当する教科書のページを読むように指示されるだけの授業ともいえるのか怪しいものとなっています。もっとも大学の授業には最初から期待していないのでこの形で不満があるわけではないのですが。

・3月下旬から4月中旬にかけては『あつまれ どうぶつの森』にハマり、体感で一日2時間は溶かしていました。箱庭ゲーは熱しやすく冷めやすい。一応今もちょくちょくログインしてコツコツと魚・虫図鑑を埋めています。

・4月中旬からTwitterを辞めました。何度目かわかりませんが今回は長続きしています。正直なところTwitterを消したところで生活に大した変化は訪れないし、FFの皆さんとのつながりが希薄になるのもあまり嬉しいことではありません。ただなぜか無性に消したくなる時が月に1回訪れるというだけで、今回も自分の意図が掴めない、もしくは忘れてしまっているように思います。アカウントが消えるのは悲しいので数日かしたら取り敢えず復活させるつもりです。

Twitterをやっていない間何をしていたのかというと、残念ながら勉強に身は入らなかったのでCivilization V -Brave New World- のマルチモードを友人とやっていました。ターン制ストラテジーゲームをするのは初めてでしたが、考えることが複数あって大分面白いです。マルチモードならではの外交の読みあい、白熱の白兵戦が自分には魅力的でした。時間がとてもかかるゲームなのですが、それゆえに勝った時の爽快感はひとしおです(もちろん負けた時の悔しさも同等以上にあります)。

・一応LaTeXの書き方の勉強も始めました。大学のカリキュラムになぜか組み込まれていないので参考書を買って始めているのですが、これは途中で投げ出さないようにしたいところです。

・22歳になりましたが、そもそも20代の自覚が備わっていないので複雑な心境です。自分が小さいころに思い描いていた22歳、というより20代の自分とは随分と違う姿になってしまいました。

音楽

・先月からその月のプレイリストを作成するようにしました*2。プレイリストを作ってもすぐに削除することが多かったのですが、記録として残しておくため、また後から聴いて感傷に浸るために今後は取っておくつもりです。

・3月は『帝王教育』『エレクトロサチュレイタ』『ポジティブ・パレード』『METEOR』などのボーカロイド曲を中心に聴いていました。3月中旬に京都旅行をした際、宿泊先の友人宅で結構な頻度で流れていたことに影響されたのですが、今まで食わず嫌い、というより女性声優さんの曲以外を聴いていなかった自分にとってはパラダイムシフトともいえる変化でした。

・Agapanthus / 麻倉もも

4月中旬は大体このアルバムを聴いていたと思います。『シュークリーム』の後に『"さよなら"聞いて。』が配置されていることの考察はもちょのファンなら全員が言及していることではあると思いますが、あえて言うとこの曲順で初めて『シュークリーム』が活きるなと感じました(もっとも、普段から歌詞を聴いていないので指摘されるまで気づかなかったのですが)。表題曲の『Agapanthus』はもちょの囁き声が心地よいです。また、なんといっても『妄想メルヘンガール』は異色の曲の構成が一際目立っており、一回聴いただけで虜になりました。

 ・Play the world / 佐々木李子

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』のEDです。この作品はOPがはっきり言うと駄作だったので、無難に良かったEDの印象が強く残っています。

 

アズールレーン

・2020/05/02現在、指揮官Lv.118で達成率が99.8%です。唯一お迎えできていない三隈を引くために小型艦建造を体感500回は回しましたが、一向に出る気配が無いので諦めて3周年で行われるであろう確定ガチャを引こうかと考えています。

・3月から4月にかけて実装されたキャラの中ではタシュケント*3花月*4がかわいくてお気に入りです。イントレピッド*5エセックス級ということで強くてかっこいい。

・11章のハード海域が追加されたので最近はその攻略に勤しんでいますが、これが思ったより難しい。対ボス編成をLv.120に達していない艦船で雑に組んでオートで放置してたら艦隊が全滅してしまったのでLv.120の艦船で固めて再度オートで挑んだのですが、これでも一度全滅してしまい少し驚きました。今は11-3を攻略していますが、卯月と阿賀野の魚雷でどうやらごっそりと削られているようなので少し編成を考える必要がありそうです。

・4月下旬から始まった復刻イベントですが、今回からの新要素としてハード海域のPtドロップ量が毎日1回のみ2倍になり、燃料節約艦隊を組むのが面倒、というより全キャラのレベルを最大まで上げたい自分としてはより少ない燃料でPtを集められるのでありがたい変更点でした。アズールレーンは痒い所に手が届くアップデートが多くて快適で素晴らしい。

 

プリンセスコネクト!Re:Dive

・2020/05/02現在、プレイヤーLv.150です。そろそろレベルがカンストしそうなので本格的にバトルアリーナやプリンセスアリーナの登頂準備をしたいところです。

・このゲームはガチャで天井するのが比較的簡単なこともあり、毎月35000円ほど貢いでいます。2月までは全キャラ獲得することを目指していたので課金額が大変なことになっていましたが、目当てのキャラ以外は早々に諦めることにしたら割と快適な課金生活を送ることができています。

・ここ2カ月で新登場・復刻したキャラではキョウカ(ハロウィン)、ユニ、チエルを獲得することができました。全員好みのキャラだった上に天井することなく引くことができたので金銭的にも満足。

ちぇるーん☆←これすき。ゆにーん☆←流石に語呂が悪すぎるだろ…

・☆6に才能開花したキャラの数も8人*6にまで増えました。

・4月の自分の誕生日にはプリコネのみんなが祝ってくれました。誕生日ボイスで一番良かったのは自己顕示欲が強いチエルでした。

 

その他

・『絵師神の絆』と『東方LostWord』を始めました。もっとも前者はログインしているだけで、後者に至ってはまだリセマラ段階です。ソシャゲをやっているときしか楽しくない。

・自分はいつでも勉強に対して無気力なのですが、授業が無い今はより一層その傾向が強まっているように思います。そもそも登校に時間がかからない場所に暮らしているため、気持ちを作れた時に大学で気軽に勉強できたからなんとかモチベーションを維持できていたのですが、そこにも行けないとなると家でやることはゲームかアニメ鑑賞くらいです。

・もう3年にもなるのに未だに専攻したい分野が決まりません。幾分か動機があったころに目指していた研究室への情熱はとっくに消え去っています。学科同期が皆目指しているから同じように目指すのはあまり心地のいいものではないという理由で気持ちが潰えるのなら所詮その程度のものだったんだなと感じますし、そんな理由でここまで来てしまったことに若干の不安と焦燥感がありますが、まだ1年弱は残っているのでゆっくりと考えていこうと思います。

・自分が一つ学年が違うというのもありますが、友人の皆さんが抱いている将来への不安が自分には殆どなく、それ自体への焦りも最近は感じてきました。具体的には自分が考えている以上に周りの人々は将来への不安を抱いていて、それを抑制するために着々と準備を進めており、自覚のない自分だけがそういうことをせずに唯一人置いて行かれてしまうのではないかというものです。少しは考えようと思います。

2020.2

2020年初投稿。

 
近況

・バイト先で頻繁に会い、かつよく話す同僚が「SNSは心を貧しくする」と言っており、その理屈に半分は納得したのでTwitterをとりあえずやめてる。9年間でTwitterをやめた回数は数十回にのぼるが、その内の何回かは効果的だったので今回も試してみる。多分1週間持たないと思う

・大学の方は今回もフル単だった。まだ教養を4単位取らねばならないので来年までには回収しないとそろそろまずい。

・誰が見ているわけでもない文章に気を遣うことが面倒でブログを疎かにしていたがTwitterでその時々の感情を粗雑に吐き出す事に後悔が絶えないので推敲の練習を兼ねてもう少しブログを更新するようにしたい。

・12月初めにジムに入会した。別に身体作りに突然目覚めたからというわけではない。11月に文化祭に行く目的で帰省した際に病院に行く機会があったのだが、その際に血圧を測る機会がありそこで最高血圧78というかなり低い数値を叩き出してしまった。日本心臓財団*1では最高血圧が100以下を低血圧と定義しているらしい(二次情報ではあるがWHOもそう定義しているそうだ)ので思いっきり該当する。低血圧は直ちに症状が出るようなものではないらしいが、朝起き上がるのが辛くなる原因にもなり得るらしく、思い当たる節しかなかったので血圧を上げる方法について聞いたところ日々の生活習慣と運動が大切と言われ、両親の金銭的援助の後押しもあり入会した。入会する前は躊躇していたが今は慣れることができている。さて、いつまで通う習慣が続くだろうか。

・2月上旬に家に高校同期が遊びにきており、さっぽろゆきまつり等を見に行ったがCOVID-19の影響か観光客がめっきり減っていて普段よりも快適に観光することができた。中旬には車を走らせて旭川まで観光しに行った(画像は旭山動物園のオオカミ)。冬の北海道も楽しい。

f:id:k5r0:20200227023036j:image

 

映画・アニメ

芸術鑑賞で感想を書くのは気持ちを言語に囚われてしまう感じがして好きではないので簡潔に書く。

ショーシャンクの空に

かなり良かった。予想できるようなラストだったのにとても綺麗に、爽やかに終わったのでかなり心を揺さぶられた。

・ミスト

ショーシャンクの空に』の後に観たのを今でも後悔している。衝撃のラストと謳っていたものの車が止まった時点で予想はできていたが、それでもとても胸糞悪かった。

2001年宇宙の旅

話が難解すぎたため、隣で観ていた大学の友人に解説されて初めて話の意味がわかった。1968年にあの映像のクオリティは脱帽せざるを得ない。メインテーマに使われている『ツァラトゥストラはかく語りき』とこの映画との親和性も非常に高かった。

ジュラシック・パーク

物語の序盤で登場人物が状況を悪化させる選択肢を取っていたところが観ていて不快になったがそれ以外は恐竜の描写など概ね満足だった。音楽も良かった。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

ジュラシック・パークの続編。主人公は前作でも出ていたイアン・マルコムでこのキャラはかなり好きだったので良かったのだがその恋人のサラ・ハーディングの劇中での行為が不快すぎた上に性格も悪くて最悪になった。こんな女を見捨てないイアンは聖人かなにか?

 

音楽

・ココロソマリ / 水瀬いのり

『僕らは今』良すぎ

・Plunderer / 伊藤美来

『hello new pink』が落ち着いてて良い

・Swinging Heart / 鬼頭明里

『dear my distance』の声が伸びやかで良い

・Desire Again

表題曲と『Closer』がめちゃ良い

・クラシック全般

大学の友人の影響でまたよく聴くようになった。最近はTchaikovsky #6にお熱。

 

アズールレーン

・2/18に久々に指揮官レベルが上がった。現在Lv.116

・オーロラのL2D着せ替えの「タッチ1」で見られる表情が良すぎる

・最上と三隈が常設建造に追加されたのに一生建造できない

・新規追加艦船のグロズヌイが完全に自分好みなのでイベントが楽しみ

タシュケントもすき

・最近は燃料をずっと余らせていたが大型委託任務を活用することで余ることがなくなった

 

プリンセスコネクト!Re:Dive

・12月下旬の無料10連で始めた。ガチャの頻度がアズレンのそれを優に越えており、またピックアップキャラの排出率もアズレンよりだいぶ低くなっているため課金額も大変なことになっている

・2月のガチャはとりあえず全キャラ引くのを目指していたが水着サレンだけ取りこぼしそうでとても悲しい。もう金がない

・ルナちゃんがかわいい。シャドバをやれ

・キョウカちゃんもかわいい

・ストーリーを第7章まで読んだ。ソシャゲのストーリーでここまで長い話は読んだことが無かったがとりあえず今までのところかなり楽しんで読めている